無料査定フォームはこちら

沖縄キッチンカー開業ガイド!出店場所・補助金・許可申請

沖縄キッチンカー開業ガイド!出店場所・補助金・許可申請

キッチンカー(移動販売)として成功するための鍵は、出店場所と言っても過言ではありません。自分に最適の場所を押さえることがとても重要になります。

「せっかくキッチンカーを開業するなら、生まれ故郷や憧れの観光地に出店したい」という人も多いのではないでしょうか。キッチンカーは店舗型とは異なり、うまくいかない場合にはすぐに出店場所を変えればいいので、そういった挑戦もしやすいですよね。

今回は、沖縄県でキッチンカーを開業するポイントについて解説します。沖縄県でキッチンカーを開業するメリットはあるのか、おすすめの出店場所や補助金の有無などについて詳しく紹介します。
沖縄県でのキッチンカー営業に関心がある人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

沖縄がキッチンカー開業に適している理由

結論から言うと、沖縄県はキッチンカー(移動販売)の開業場所にとても向いています

沖縄県はリゾートや観光地として非常に人気があり、毎年多くの人が国内外から訪れます。
夏場はかなり暑いイメージがありますが、実は「酷暑」と呼ばれる近年の暑さに比べると過ごしやすく、避暑のために訪れる人も次第に増えてきています。

夏でも最高気温は35度前後、冬は10度を下回ることはほとんどない温暖な気候のため、キッチンカーを出店する場合にも、夏と冬で大幅にメニューを変える必要がありません

また、沖縄県は観光業が産業の約8割を占めているため、観光スポットやイベントが多く、キッチンカーの需要が高い場所です。観光客はもちろん、地元の人たちもターゲットにできます。

ゆいレール以外の鉄道がない沖縄県では、住民は車での移動が一般的です。そのため、観光スポットには必ず駐車場があることも、キッチンカー営業におすすめの理由です。

沖縄でキッチンカー開業!おすすめの出店場所・イベントは?

沖縄県内でキッチンカー(移動販売)を開業するにあたって、おすすめの出店場所やイベントを紹介します。

アウトレットモールあしびなー〈キッチンカーグランプリ開催地〉

アウトレットモールあしびなーは、美らSUNビーチが広がる豊崎海浜公園まで徒歩15分という絶好のロケーションに建つ大型ショッピングモールです。バスや無料シャトルバスでも来られるため、多くの観光客や地元民が訪れます。

施設に入っている店舗の大半はアパレル系が占めており、飲食店はほとんどありません。そのため、キッチンカーが出店して人気を集めています。
また、夏祭りなどのイベントも休日に開催されており、キッチンカーも数台出店しています。

2021年11月にはお客さんの投票によって1位が決まる「キッチンカーグランプリ」が開催されました。出店すればぐんと認知度が上がるので、ぜひ上位を狙いたいところです。

参考:アウトレットモールあしびなーちゅらとく

Okinawa Food Marche in 北谷町〈泡盛フェスと同時開催!〉

北谷町海業振興センター うみんちゅワーフでは、秋の週末に県内のキッチンカーが集うフードマルシェを開催しています。時間帯が10時半~20時と長いので、食事系メニューからスイーツまで様々なキッチンカーに向いているイベントです。
また、泡盛フェスを同時開催していることもあるので、おつまみ系のメニューを提供している人はぜひ募集要項をチェックしてみて下さい。

Okinawa Food Marcheもキッチンカーグランプリも、大道芸人やキッズダンサー、ハンドメイドショップを食事と同時に楽しめることが、沖縄県の大きな共通点です。

参考:Okinawa Food Marche

琉球大学・SOLA沖縄専門学校〈平日のランチタイムを狙うなら〉

休日にキッチンカーが出店できる場所の多い沖縄県ですが、できることなら平日にも手堅く売り上げを作りたいものです。その場合は他県と同じように、大学や専門学校への出店がおすすめです。

琉球大学では、土日祝日を除いた11~15時にキッチンカーが出店しています。出店場所は図書館前と本館棟前の2ヶ所です。他大学とは異なり、「大学の学生や教職員だけでなく、地域の住民にも利用してほしい」という目的でスタートしているため、幅広い客層が見込めます。
ですが、2022年8月現在、キッチンカーの出店は行っていないようです。今後再開する可能性もあるため、随時チェックしてみて下さい。

SOLA沖縄専門学校は、毎週月(火)~土曜日、11~18時にキッチンカー(移動販売)が出店しています。1ヶ月間決まった曜日に出店できるので、安定した売上を確保できるでしょう
学生と教職員中心の客層のため、メニューはカレーやタコライスといったボリューム満点のごはんものが目立ちます。それ以外にも、大人気のクレープ店やハワイアンドーナツなど、インスタ映えするおしゃれなスイーツも出店実績があります。

参考:琉球大学琉球BASE販売予定SOLA沖縄専門学校SOLA沖縄専門学校カレンダー

沖縄県でキッチンカー開業 補助金はある?

2022年8月現在、沖縄県ではキッチンカー(移動販売)を対象にした補助金は行っていません。
ですが、沖縄市では以前に「新型コロナウイルス感染症に関する緊急経済対策(第六弾)」事業所改装等促進事業にて、キッチンカー事業にかかる費用の補助がありました。

この事業では、新型コロナウイルス感染症の長期化によって経営が悪化している市内の中小・小規模事業者が、業績回復のために行う店舗や車両等の改修工事や備品などの費用を補助しました。

【内容】
・店舗改修補助金:1事業所 上限30万円(補助率80%)50事業所分
・備品整備補助金:1事業所 上限15万円(補助率80%)100事業所分
・消耗品購入補助金:1事業所 2万円(補助率80%)250事業所分

【対象】市内中小・小規模事業者

沖縄県は緊急経済対策としてたくさんの補助金が交付されるため、随時情報をチェックしておいても決して損はないでしょう

参考:新型コロナウイルス感染症に関する緊急経済対策(第六弾)事業所改装等促進事業新型コロナウイルス感染症に関する緊急経済対策(第九弾)

沖縄のキッチンカー 資格・許可申請

沖縄県でキッチンカー(移動販売)を開業する際に必要な資格・許可は、「食品衛生責任者証」と「飲食店営業許可(営業許可)」の2つです。これは他の都道府県と変わりません

食品衛生責任者証は1日講習を受講すれば取得できるため、心配しなくても大丈夫です。受講するためには予約が必要なので、あらかじめ保健所で申し込んでおきましょう。
受講料は保健所によって異なりますが、約10,000円前後が多いようです。講習の時間帯は、10~17時が一般的です。

次に、車両製作の完成後、設備が揃っているかどうか保健所のチェックがあり、問題がなければ「飲食店営業許可(営業許可)」がおります。

設備の合格基準は、保健所ごとに異なります。必ず「出店場所を管轄している保健所」へ基準を確認しに行きましょう。
例えば、那覇市と浦添市は隣接していても保健所が異なります両市に出店する場合は、2ヶ所の保健所から営業許可を取得する必要があるので気をつけて下さい。

参考:保健所管轄区域案内 沖縄県

まとめ:沖縄でキッチンカー UターンやIターンでの開業にも!

沖縄県は、近年避寒地としてだけではなく、避暑地としても人気が高まっている国内屈指のリゾートです。キッチンカー(移動販売)の出店実績がある観光スポットが多く、イベントも頻繁に開催されています。キッチンカー営業にとても向いていると言えるでしょう。
また、車社会なのでどこにでも駐車場があり、出店場所探しも他の都道府県ほど難しくないでしょう。

2022年8月現在は補助金を行っていませんが、これまでに実績はあるので、チェックしておいても損はありません。

夏にぴったりのメニューで開業したいと考えている人は、沖縄県もぜひ視野に入れてみてはいかがでしょうか。

お役立ちコラム一覧へ戻る